ポストプレーヤー必見!効果的な練習方法と技術力アップの秘訣

ハンドボール

ハンドボールのポストプレーヤーは、チームの攻撃の中心となる重要なポジションです。

しかし、その役割故に多くの悩みや練習方法についての疑問があることでしょう。

この記事では、ポストプレーヤーが向上すべきポイントと、
効果的な練習方法や技術力アップのための提案をご紹介します。

  1. ピボット技術の向上

ポストプレーヤーはピボットとも呼ばれ、
相手ディフェンスの裏を取る動きや
ポストアップなどの技術が重要です。

この技術を磨くために、練習ではディフェンスとの
1対1の状況を意識したドリルを行いましょう。

また、実際の試合をビデオで確認し、自分の動きや相手の動きを分析することも役立ちます。

  1. シュート力の向上

ゴール前でのシュートが多いポストプレーヤーにとって、ジャンプシュートやスピンシュートなどの精度とパワーが重要です。練習では、シュートのフォームやタイミングを意識し、多様な角度や状況でシュートを繰り返し行いましょう。

  1. ボールコントロールの向上

ポストプレーヤーはタイトなスペースでの
ボールハンドリングが求められます。

パス、受け渡しの正確さを高めるために、
壁を使ったパス練習やボールを使った
コーディネーショントレーニングが効果的です。

  1. ブロック技術の向上

ディフェンス時に相手のシュートやパスを
ブロックする能力が重要です。

ブロックのタイミングや体の使い方を練習し、
相手の動きを読む力を鍛えましょう。

ハイレベルなテクニックを要する
ハンドボールのポジション別のノウハウへの

ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム【元・ハンドボール日本代表キャプテン東俊介 監修】

コメント

タイトルとURLをコピーしました